冷麺、ひっつみ、つけ麺、じゃじゃ麺の業務用食材:フーズラボ

手づくりで一枚一枚、生地をこねて、つまんで、引っ張って。
つるり・もっちりの食べごたえ十分な、岩手で親しまれてきたなつかしい郷土食です。
野菜ときのこの優しいスープで、季節の食材と一緒に煮込んでお召し上がりください。
スープをたっぷり吸っても、ひっつみが溶けてしまうことはございません。翌日までおいしくいただけます。

驚愕の超多可水仕様ひっつみ
「つるしこ南部ひっつみ」は、地粉「南部小麦」「ネバリゴシ」と、とにかくたくさんの練水でつくられます。
麺生地づくりの常識を超える、50kgの地粉に25kg以上の練水を加え、ゆっくりミキシング。
グルテンをゆっくりゆっくり成長させる、この配合バランスと速度が「つるしこ南部ひっつみ」の美味しさをつくります。

一枚ずつ、手でつまんで、ひっぱって
ミキシングの後は、生地を休ませて分割、1枚1枚手でちぎる工程に移ります。
手でちぎって茹で上げると、厚さもいろいろ、表面もでこぼこ。
ひっつみ汁に調理して食べると、つゆがしみこんだところ、弾力が強いところ、なめらかなところ。
具材の旨みが乗ったところ、つゆの旨みが乗ったところ、小麦の旨みと甘み。
いろんな食感、いろんな旨みの絡み合いが生まれ「つるしこ南部ひっつみ」の醍醐味となっています。

厳選素材と、伝統調味料
スープは、昆布と乾椎茸でじっくり煮出した出汁に、味つけは伝統調味料のみりん、薄口しょうゆだけ。
化学調味料、合成保存料、白砂糖、着色料は一切使用しておりません。
岩手の地粉だけでつくったひっつみとの最高の相性を存分に感じていただくため、具は人参、ごぼう、原木なめこ、しいたけで、自然本来の旨みを生かしています。
お好みで、鶏肉、豚バラ肉などを加えていただくと、さらにコクのある新しい美味しさを楽しんでいただけます。

北上山地の北部、緑のダムと呼ばれるブナ林で覆われた岩手県・岩泉町の黒森山。この一帯を水源とする流れは、町指定天然記念物のカワシンジュガイが棲む安家川(あっか=アイヌ語のワッカ【きれいな水】)また日本三大鍾乳洞として知られる龍泉洞へと注ぎ込み、地元ではカルシウム・ミネラル成分豊富な長寿の水として愛されています。
吉調つるしこでは、麺も、スープも、すべての製品に岩泉のおいしい水を使用しています。
清らかで豊かな水に恵まれた岩泉の浄水は、私たちの大切な食材の一つです。

内容量
ひっつみ200g、具入りつゆ200g
原材料名
麺:小麦粉(岩手県内産)、食塩、醸造酢 つゆ(希釈用):しょうゆ(本醸造)、昆布、本みりん、なめこ、乾椎茸、人参、ゴボウ、食塩、なたね油、ごま油、(原料の一部に小麦、大豆を含む)
賞味期限
14日間
アレルギー表示項目
小麦、大豆
保存方法
冷蔵(10℃以下)